導入事例・インタビュー記事制作 アサック(大阪)よくいただくご質問FAQ

インタビューは、どんな場所で行われますか?
一番多いのは会議室や応接室など、座ってお話ができて、あまり他の方の出入りがない静かなお部屋です。
過去には、街のカフェや屋外のベンチでインタビューした経験もありますので、場合によってはそういった場所でもできなくはありませんが、会話の録音がしやすい「静かな空間」がベターです。
インタビュー場所の手配はしていただけますか??
基本的には、貴社の会議室や応接室をご用意いただく形となります。ただ、それが難しい場合、または、別の場所でインタビューや撮影を行いたい場合は、当社で貸し会議室やホテルの一室などを手配することも可能です。
インタビューには、どれくらいの時間がかかりますか?
インタビュー対象の人数や何文字程度の記事にするかによって所要時間は変わりますが、おおよそ以下の通りです。
<単独インタビューの場合>
30〜60分(500〜1,000字ほどの文章を想定した場合)
60〜90分(1,000〜3,000字ほどの文章を想定した場合)
<対談・座談会の場合>
60〜90分(1,000〜3,000字ほどの文章を想定した場合)
60〜120分(3,000字以上の文章を想定した場合)
撮影がある場合、インタビューと同時に行われるのでしょうか?
基本的には、同時に行います。記事の途中に挿入する「インタビュー対象者が会話している写真」は、インタビュー中に撮影することが多く、記事のトップなどに載せる「インタビュー対象者のワンショット(or集合)写真」の類は、インタビュー開始前や終了後に撮影しています。
得意なジャンル、対応できないジャンルはありますか?
当社のライターは、どんなジャンルの専門的な内容も、「一般の方々」でも「分かりやすく」文章化すること、つまり「難しいことを簡単に」伝えることを心がけています。
高度に専門的な内容をその業界の方々に向けて伝えるインタビュー・ライティングは、業界を熟知された専門ライターさんの方が適しているかもしれません。
トップへ
戻る