お役立ち情報

導入事例は「感想」ではなく「事実」が書かれたインタビュー記事

「導入事例って最近よく聞くけど、どんなものなの?」「つくるとどんな効果があるの?」というあなたのために、導入事例の特徴や効果、制作の進め方などを詳しくご紹介します。 ただ、「導入事例」と一口に言っても、制作会社ごとに掲載する内容や進め方などが異なるため、あくまでも、当社における導入事例の解説記事だとご理解ください。

▼この記事でわかること

  • 導入事例の概要
  • 導入事例の目的・特徴・効果
  • 導入事例に適した商材
  • 導入事例に適した商導入事例の活用方法

導入事例とはどんなもの?

導入事例とは、既に自社の商品・サービスを購入(導入)されたお客様に、その経緯や購入後の効果などを語ってもらうインタビュー記事のことです。

Webサイトに載せたり、チラシや冊子にしたりと、様々な媒体に落とし込んで発信することができ、どの媒体でも目的や効果は変わりません。

目的は見込み顧客を顧客に変えること

導入事例の目的は、見込み客を顧客に変えることです。

貴社の商品・サービスを購入しようか迷っている方(見込み客)に、すでに購入された方の体験談をお届けすることで、購入の後押しをすることが一番の狙いになります。

この点、導入事例は「お客様の声」の一種といえます。

ただ、お客様の声とは大きく異なる点があり、それが一番の特徴でもあります。

導入事例の特徴は「事実」が語られているということ

読み手が参考にしやすいのは「感想」より「事実」

導入事例がお客様の声と確実に違うのは、「感想」ではなく「事実」を語ってもらうという点です。
通常、お客様のお声は感想を中心に書かれるため、どうしても主観的な内容に偏りがちです。そのため、お客様の声を参考に購入したものの、あなた自身の使用感と大きく違い、残念な思いをした経験はありませんか?
その点、導入事例は「事実」を中心に語ってもらうため、語り手の主観が入り込む余地が少なく、読み手である検討中の方が参考にしやすい記事になり、購入決定につながりやすくなるのです。

「事実」をプロが読みやすく記事化

お客様の声や口コミレビューなどは、主観が入りやすい欠点があるだけでなく、書き手が文章のプロではないため、せっかく参考になる内容が書かれていても読者に伝わりにくいケースがあります。
その点、当社の導入事例は、プロライターがインタビュアーとして詳しく聞き出し、読みやすく仕上げるので、購入者しか語れない事実をもとにした、訴求力の高い記事をつくることができます。

導入事例の具体的な効果

「事実」に絞って伝える導入事例には、他の広告記事にはない様々な効果があります。 見込み客を顧客に変えるのは、これらの効果が発揮されているからです。

購入前の不安を軽減してくれる

「この商品で本当に大丈夫かな?」という不安は、購入前に誰しも抱くものです。
そんな見込み客が一番欲しいのは、その商品が「本当に自分(自社)にマッチしているのかどうか」を判断するための基準です。 ひと足先に同じ商品を購入した他社の事例は、そんな読者の判断基準となるため不安を軽減する効果があるのです。

他社の導入経緯を疑似体験できる

では、導入事例ではどんな事実を語ってもらうのかというと、例えば、「導入前に商品に求めていた基準」「類似商品と比較したポイント」「使用感と導入後の効果」などについて、数値や具体例を挙げながら語ってもらいます。つまり、同じ商品・サービスをすでに導入した他社の導入前から導入後までの経緯を、事実をたどりながら「疑似体験」できるため、リアルで信頼性の高い判断材料になるのです。

自然に優位に語ってくれる

語り手は、他社競合商品と検討した結果、最終的に貴社商品を選んだ方です。そのため、貴社商品の優位な点を、自然な流れで語ってもらうことができます。通常のお客様の声は、どうしても「ホメ記事」になりがちですが、今の時代、美辞麗句を並べた広告は飽和状態であり、訴求効果は高くありません。だからこそ、単純に事実として商品の優位性をアピールできる導入事例が効果を発揮します。きるため、リアルで信頼性の高い判断材料になるのです。

説得ツールとして使える

導入事例は客観的事実で構成されているため、第三者にも示しやすく、複数名で共有しやすい記事といえます。
もし、読み手に決裁権がなく、上司などの判断を仰がなければならない場合には、説得ツールとして使ってもらうことができます。

集客傾向をコントロールできる

導入事例は、Web サイトでも紙媒体でも、複数の声を掲載すればするほど効果が上がります。
その際、掲載する企業のジャンルや話す内容を意図的に絞り込んで発信すれば、集客傾向をコントロールすることができます。になるのです。

導入事例に適した商品

導入事例は基本的にどのような商品でも、購入されたお客様がいればつくることができ、効果も期待できます。ただ、特に好相性なのが「トライアルユースが難しい」商品です。非常に大規模な装置や、形のないシステム系商品、塾・スクールといった目に見えないサービスなどは、実際に購入してみないと使用感はわかりません。そのため、他社の経緯を「疑似体験」できる導入事例が効果を発揮するのです。

導入事例の活用方法

冒頭でもお伝えしたように、導入事例は様々な媒体に落とし込むことが可能です。 代表的な媒体例とともに、発信の仕方もご紹介します。

自社サイトに掲載

最も代表的な媒体は、やはりWebサイトでしょう。自社サイトやオウンドメディアなどに掲載することで、サイトを訪問した見込み客に読んでいただき、CVRの向上につなげます。ただ、導入事例の記事はSEO効果があまり高くないため、自然検索による流入アップはあまり期待できないようです。

チラシ・冊子を制作

インタビュー記事をチラシにして配布をしたり、営業用ツールとして活用できます。
商談相手の業種に近い導入事例があれば、きっと強力な説得材料になるでしょう。
また、複数の導入事例を集めて冊子をつくれば、自社の多様な事例をアピールできる格好の営業用ツールにもなります。

プレスリリースで配信

知名度の高い企業の導入事例ができた際には、プレスリリースとして配信することも考えられます。
近いレベルの大企業からの問い合わせなどが期待できます。

SNSで広告出稿する

FacebookをはじめとするSNS広告への出稿も一つの方法です。特に、知名度の高い企業の導入事例であれば広告効果も高まります。

以上、導入事例の概要から活用方法まで詳しくご紹介してきました。
自社商品・サービスに合った広告手法をご検討中の方は、一度、導入事例の制作を試してみてはいかがでしょうか。

トップへ
戻る